ALIENWARE、世界初のCPUとGPUが交換できる17.3型ゲーミングノート

ゲームまとめ
1: 田杉山脈 ★ 2019/01/27(日) 11:39:31.81 ID:CAP_USER
 デル株式会社は、17.3型「ALIENWARE AREA-51m」、「NEW ALIENWARE m17」、15.6型「NEW ALIENWARE m15」、「New Dell G5 15」のゲーミングノート4製品を発売する。

 すべてCES 2019に合わせ発表されたモデルで、国内発売は2月1日より開始される見込み。

ALIENWARE AREA-51m
 ALIENWARE AREA-51mは、デスクトップ向けCoreプロセッサとGeForce RTXシリーズGPUを搭載したノートPC。税別直販価格は345,980円からで、2060搭載モデルのみ2月下旬発売予定。

 ノートPCとしては初めて「AREA-51」の名を冠したモデルで、マグネシウム合金筐体の新ブランドデザインID「LEGENDデザイン」を採用。加えて、メモリやストレージだけでなく、CPUとGPUの換装も可能となっているのが最大の特徴となる。

 CPUはデスクトップと同じLGAソケットを備え、GPUは「DGFF (Dell Graphics Form Factor)」と称する独自規格のボードで実装。DGFFモジュールはAREA-51m発売時点では販売されないが、将来的に販売される予定。CPUとGPUともにオーバークロックに対応しており、CPUはTDP 199W、GPUはTDP 180Wまでカバーする冷却機構を備える。

 なお、CPUとGPUやメモリ/ストレージなどの換装をユーザーが行なっても、製品保証は継続されるとのことだが、換装時にソケットのピンを折ってしまうなど交換に伴う故障が起きた場合には、自己責任となるため、デルによるパーツ交換対応(有償)も用意される。

 最上位構成では8コア/16スレッドのCore i9-9900K、Max-QではないフルスペックのGeForce RTX 2080を搭載し、世界最速のゲーミングノートPCを謳う。

 プリインストールされる新「ALIENWAREコマンドセンター」では、CPUのほかGPU、メモリのオーバークロック調整が可能。キーボードはRGB LED搭載のTactXキーボードを搭載し、日本語配列/英語配列の両方を用意する。

おもな仕様は、17.3型60Hz G-SYNC/視線追跡(Tobii)内蔵144Hz G-SYNCフルHD(1,920×1,080ドット)IPS液晶ディスプレイ、Core i7-8700(6コア/3.2GHz)/i7-9700K(8コア/3.6GHz)/i9-9900K(8コア/3.6GHz)、GeForce RTX 2060(6GB GDDR6)/2070(8GB GDDR6)/2080(8GB GDDR6)、DDR4-2400メモリ8GB~64GB、256GB/512GB/1TB(512GB×2 RAID0)/2TB(1TB×2 RAID0) NVMe SSD+1TB SSHD、Windows 10 Home/Proを搭載。

 インターフェイスはThunderbolt 3、USB 3.0×3、IEEE 802.11ac対応無線LAN(Killer 1550)、2.5Gigabit Ethernet、HDMI、Mini Diplayport 1.4、Alienware Graphic Amplifierポート、720p Webカメラ、ステレオスピーカー、音声入出力。

 バッテリ容量は90WHrで、ACアダプタは構成により異なり、180W+180W/240W/330Wのデュアル構成となっている。

 本体サイズは410×402.6×27.65~42mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約3.87kg。本体色はシルバーホワイト(ルナライト)/ダークグレー(ダークサイド オブ ザ ムーン)の2色。
no title

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1166484.html


続きを読む

Source: ゲーム感想・評価まとめ@2ch
ALIENWARE、世界初のCPUとGPUが交換できる17.3型ゲーミングノート