SWITCHの売れ方考察

ゲームまとめ
スイッチ
こちらもコメント欄ネタ、
SWITCHの販売台数について触れられていたので
発売から2年過ぎても5万台ペースで売れ続けているSWITCH
その割には新作タイトルが売れていない的な書き込みがあったのですが

お店に立っているとハードが一緒と一緒に売れて行くソフトは今でも
スマブラDX、マリオ(シリーズ)、スプラトゥーン2の割合が非常に高いですね。
マリオ(カート)なんてほぼロンチタイトルなのにいまだに新作と肩を並べて
売れて行きます。

それだけソフトが強いのですから当然でしょう
ただやはり、そういったチョイスで購入される方は今までの
ニンテンドーハード(Wii、Wii-U、3DS)購入層がとても多い。

当然中には全機種持ちのコアなお客さんもいらっしゃいますがそういった方は
ゼルダやゼノブレイド2、その他サードタイトルと一緒に購入されるパターンが多い
その後はマルチタイトルをプレイスタイルに合わせてSWITCH、PS4で買い分けている印象。
ただ大多数のユーザー様は任天堂ファーストとハードを購入されてるので
次に売れるタイトルもやはり任天堂タイトルが多目ですね。
なので決算でも発表があった「偏り」ができているのだと思います。
スイッチが週販で5万売れ、スマブラDX、マリオ(シリーズ)、スプラトゥーン2
も相変らず売れ続けているのはそう言う事でしょう。

サードメーカー様も当然、この状況は把握していますが、
任天堂ファーストに割りこめるタイトルそうそう作れません。
そういった意味ではドラゴンボールや太鼓の達人などの鉄板IPを持っている
バンダイナムコ様はやはり強い。

この6月にレベル5様の「妖怪ウオッチ4」が発売されますが
3DSシリーズのように売れるのかがある意味一番気になります

妖怪ウオッチの人気度っていまどれ位あるんでしょうね。


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
SWITCHの売れ方考察