商材として見るPS4とSWITCH

ゲームまとめ
f6d6ad0e-s
コメント欄ネタで

Switchが3年目に入った時点での数字とPS4が3年目に入った時点での数字を比較したら
Switchが上なのは確かだよ
ってのがありました、

確かに純粋に「期間」で見ればそうだと思います
ただ、「商品」としてみるなら

SWITCHと
PS4、

置かれてる状況はまったく別です。

小売りはそのハードが置かれている状況も見て発注しないといけませんから。

置かれている状況の違い、それは
前ハードの稼働率

この場合で言えは、Wii-U、PS3
まぁSWITCHでいえば「任天堂ゲーム」が遊べるアドバンテージがあるだけでも
かなりの物ですけどねw

PS4は登場した後もPS3との並行マルチがしばらく続きました

っていうか・・・・・
PS4の登場が2013年11月・・・・・・

その2年後に発売されたメタルギアソリッドⅤファントムペイン(2015/9)の販売数が

PS4(29万)
PS3(12万)ですからね・・・・

参考になるかどうかですが・・・ゼルダの伝説BOW(SWITCHロンチ)

SWITCH 19万
Wii-U  4.4万

これと比べても現役度が違います。
その後は4月のマリオカート8DXからSWITCHへ完全にシフト
まず同じ状況とはとても思えません。
じゃぁ、PS3からPS4に完全移行したのいつからだよ!って言われたら・・・・・・
そうですねー

2016年11月のFF15じゃ・・・・・遅すぎ?w 


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
商材として見るPS4とSWITCH