たしかにここ最近のPS4ソフトの値引き率は異常

ゲームまとめ
2019-03-06-110410

3月だから

っていえばその通りなんですが

某大手通販がその最たる例であんなんされたら、全国の小売は溜まったもんじゃ
ないです。

ハッキリ言って。

大量仕入れ、大量販売の弊害がモロに出てるんでしょうね

何度も書いてますがPSソフトの再販スピードはホントーに早い

現在は生産に一番時間のかかる「説明書」が入ってないのでさらに早い

結局

「売れた分だけ仕入れる」のが一番あっている商品なのに
キャパを超えた発注~入荷~裁けきれなくて価格崩壊~(お店側の)商品の商材価値が狂う

最終的には
2か月前の発注するのが怖くなる
何処が悪い

なんてことは言いません

コレが

小売りを駆逐した大型店舗

大型店舗を駆逐した複合店舗

複合店舗を駆逐した大手家電量販店

そしてその大手家電量販店は世界最大の通信販売サイトとの価格競争となっている

今の小売事情ですから

結局仕入れすぎた商材は損切り覚悟で売るのがセオリーですが
中には
「買い取ってくれる業者」
もあります。
で、その「買い取ってくれる業者」は特価価格でお店に売る。
そういった業者から買い取った商品を「チラシの目玉」として載せるのも珍しくありません
でも、今はその業者も真っ青になる価格の落ち方になっています。

おそらくこの流れが変わるとすれば

「大手の発注システム」の改善しかないでしょうけど・・・・

小売りは
大手グループばかりになり
仕入れはグループで一括でする

もちろん各店舗で発注数をフィードバックさせ数字を出して発注している所もあるでしょう
私が前務めてた会社がそうでしたから。

でも聞いたら
「入荷?割り当てですよ。店長の介入なんかほぼありません」
って所も実際にあります。
1店舗当たり10本の割り当て!とかでも・・・・・・
10店舗・・・・・100店舗・・・・となると・・・・

1週間で半額になってしまうのもまぁ、納得です
納得はするけどたまったもんじゃないですけどね


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
たしかにここ最近のPS4ソフトの値引き率は異常