ゲームはつまらなくなったのではない。

ゲームまとめ
デス様
たまーにコメント欄で見る
「ゲームが売れない(値崩れ)をするのはつまらないからだ!」
って意見
違うんですよ。

頂いたコメント

根底として、私はゲームがつまらなくなったから人が離れたのではないと思います。
むしろ昔より選択肢も多く、より面白いゲームが多くなっていると思います。
スマホアプリにデジタル移行、人口減少、可処分所得の減少。
日本で現在ゲームについてブルーオーシャンのように見えるのは老人層でしょうか。
しかしeスポーツでもないですがゲームにも年齢的な限度があると思います。
もし大人なってゲームをしていても、いつまでも若者と同じようには遊べません。
人口減少社会ですからね、どう頑張ってもパイが減るんです。
かと言って日本の状況に合わせて老人向けのゲームを一緒にやりたいですか?
面白いゲームはたくさんありますよ、もっと上手いPRもあるかも知れない。
しかし社会の状況というのが商売には大きく影響します。

今のゲームは一言にゲームと言っても
シナリオやムービーを楽しむエンターテイメント系
皆とワイワイ遊ぶ対人系
一人で黙々ヤリコミ系
そしていつもの「暇潰しポチポチ系」
他にも色々な種類が生まれています。

ファミコンが登場したころはハードの制限もあり
「暇潰しポチポチ系」
ばかりでした

でもアドベンチャーやRPGの登場でシナリオを楽しむものが生まれ、
CDロムで大容量が可能になり演出がさらに凝った物が生まれ、
インターネットの普及で対戦ゲームも次の段階に進み、
今ではハードの飛躍で100人対戦も可能になっています。

そしてこのコメント
私はもともと映画が好きで、ゲームにはあまり興味がありませんでしたが、
グラフィックの向上によって映画以上の没入感が得られるゲームが増えたことにより、
少しずつゲームを楽しむようになりました。
間違いなく、ゲームは大人の鑑賞に耐えうる総合芸術になりつつありますし、
テクノロジーの進化とともにまだまだ伸び代があると思います。
元々ゲームに興味なかった人、一旦ゲームから離れていた人が
「今」のゲームに触れるとそのクオリティに衝撃を受けるといったことは
お客さんでのリアルにもありますし、珍しくない。

エンターテイメント性が飛躍的に進んでいるので
ゲームを「見直す」んですよね。
ただそれでもPSやPS2の頃に比べると「20~30代」のユーザーがまだまだ少ない
スマホの
「暇潰しポチポチ系」
がタダで遊べるならそりゃわざわざ買ってまで遊ぼうとは思いません。

だからエンターテイメント系のゲームは
エンターテイメントとして確立、アピールしていくべきなのですが
どーも国内ではその辺がヘタクソと言うかチグハグというか・・・・・

海外はPS4のゲームが圧倒していますが
国内ではまだまだなのはこのあたりが原因なのではないかと思います。
今一度何故PS4は、世界では1億台売れているのに国内では700万台なのか?
を考えて見た方がいいと思います。

(ちなみに一億5000万台ハードのPS2の時は国内2100万台)

コメントの続き

大人のゲームファンはもっと増えていいと思うし、
不景気は逆に力になると思います。大人の娯楽の中では、
ゲームはびっくりするくらい安いですから


こういったエンターテイメント系ゲームの販促は
大人の娯楽の部門にもっともっと斬り込むべき
CMの時間帯とかも重要でしょうね。






…しかし、

日本のゲームジャーナリズムは質が低いですね。
大人にゲームの良さを伝える筆力がある人が誰もいない…
いつか、新聞の文化欄にゲームのレビューが載る日が来るのを夢見ています。
なりぞうさんが書いてくれればいいのに。

お仕事お待ちしています!(笑)


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
ゲームはつまらなくなったのではない。