【悲報】レベルファイブ映画の二ノ国、酷評される「障害者差別を感じた今年一番残念な作品」

ゲームまとめ
kiytgrfd
1: 風吹けば名無し 2019/08/23(金) 05:47:23.79 ID:wxZuVndK0
8月23日公開 映画『二ノ国』レビュー 「アニメと言えど配慮するべきところに手を抜き、障害者差別を感じた今年一番残念な作品」
http://enterjam.com/?p=236786
観終わった後に僕は、「日本人の障害者意識はここまで低いものか」と色々考えさせられ、
これがゲーム原作の映画として最も酷いものではないかと心のなかで形容しがたい気持ち悪さを覚えた。
(以下略)

・脚本、総指揮はレベルファイブの日野晃博
・障害者を扱った作品なのに、あらゆる点で雑
・危険でやっちゃいけない「電動車椅子チェイス」シーン
・脚本も全編ツッコミどころだらけ
・障害者に対する意識の無いシーンだらけで、逆に徹底的に障害者差別を推し進めているようにしか見えない
・日野さんは今一度、障害者の現状をちゃんと勉強して

日野さん…


続きを読む

Source: ゲーム感想・評価まとめ@2ch
【悲報】レベルファイブ映画の二ノ国、酷評される「障害者差別を感じた今年一番残念な作品」